ソニーといえば

ソニーといえば、もちろん世界に知られた大企業ですね。ソニー銀行はそのソニーグループの金融部門である、東証1部上場の「ソニーフィナンシャルホールディングス」を親会社にもつ銀行ですから、信用度は問題なく大きい銀行と言えます。ソニーフィナンシャルホールディングス傘下には、ソニー生命保険株式会社やソニー損保保険株式会社があります。そしてソニー銀行の設立には、ソニーの持つ「チャレンジ精神」や「才能重視」といわれる自由な企業体質が大きく影響したようです、無謀とも言われた銀行創設を実現できた経緯は、当時のメンバーがユーモアたっぷりに単行本にもまとめています。


ソニー銀行は、「金融商品を羅列するだけの、金庫としての銀行ではなく」、「ライフスタイルをサポートするためのお金の道具箱をデザインすること」をコンセプトとしたサイトを立ち上げています。「自立した」個人に向けての資産管理のためのサービスを提供する商品やツールを展開しています。わざわざ「自立した」とつけたのは、生き方や考え方に自分の意見をはっきり持ち、お金に使われるのではなく、お金を夢や希望を実現するための道具としてとらえられる人には、惜しみなくフェアに情報を公開し、資産の管理やお金を貯めるお手伝いをしますよ、ということのようです。そしてそのためのなかなかユニークな切り口の商品が豊富です。


例えば、お金の管理のための様々な便利ツールがあります。貯金の「見張り番」としてPostPetのキャラクターを選択することができるなど、なかなか貯める人の心理を捕まえていて、楽しく貯金することができるのも他にはない魅力でしょう。また見やすくきれいなチャートを多用して「パソコンを見ていて疲れない」、と好評のようです。


定評ある外貨預金は、初めての人でも無理なくチャレンジできるように、「ワンコインからの積立購入」など、少額から知らない間にコツコツためられる商品を提供しています。住宅ローンも手数料の負担が少なく、変動金利と固定金利を組み替えられる、全ての手続きをインターネットで完了できる、など従来にはないサービスを提供しています。さらに不安な人には住宅ローンプラザでひとりひとりに担当のローンアドバイザーが付き、直接アドバイスや相談にのってくれるなど、丁寧なサポートが目を引きます。


普通預金の金利は低くあまり魅力はありませんが、長期の定期預金の金利や、定期預金のキャンペーン時の金利には定評があり、また環境活動にも積極的に取り組むなど、日経金融機関ランキングでは7年連続顧客満足度NO1に輝く実績があります。金利が高くて手数料が極力低い、というだけで探せば、まだまだ他のネット銀行に軍配があがりそうですが、積極的に「貯金しよう、資産運用を考えてみよう」という気持ちにさせてくれて、しかも一緒にサポートしてくれていると感じさてくれる銀行は、ソニー銀行だけかもしれません。